読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何者にもなれなくて足掻く日々

日常や食べ物、買い物したモノなんかのメモ書きです

台湾旅行(台北)へ行ってきました2 観光編

こちらは台湾滞在中に観光したポイントです。

1.MRTに乗ってみた

ある意味では見所ともいえるので。台北市やその付近を走る地下鉄、通称MRTです。

f:id:rideonshooting:20170317101453j:plain

日本の改札と違い、切符を入れる箇所がありません。

f:id:rideonshooting:20170317101515j:plain

乗るときは最初にこの券売機で切符を購入するのですが、その切符はプラスチックのコインのような形になっていて、それを改札のセンサーにタッチして改札内に入ります。改札を出る時は切符を入れる所があるので、そこで回収されました。

ちなみにSuica的なチャージするカードも入手出来るらしいのですが、ちょっと面倒そうなので買いませんでした。台湾常連の人達は持っているそうですね。

 

f:id:rideonshooting:20170317101612j:plain

 行先までの料金は券売機の上の表に記載されているので、その金額の切符を購入しましょう。ちなみに自分の泊まっていたサンワンホテルの最寄り駅は忠孝敦化だったので、忠孝敦化からだと中正紀念堂に行くには20台湾元、龍山寺に行く場合は25台湾元かかることになります。

f:id:rideonshooting:20170318115952j:plain

MRTの乗り心地はまぁ普通な感じでした。

 

2.派手な龍山寺

台北のお寺のメジャー処といえば龍山寺。MRTの龍山寺駅で降りて、龍山寺行きの案内を探しながら徘徊すること数分、無事着けました。

  

f:id:rideonshooting:20170317104416j:plain

やたら賑やかというか派手な雰囲気の作りで、日本のお寺とは趣が違いますねー。

 

f:id:rideonshooting:20170317104544j:plainf:id:rideonshooting:20170317104753j:plain

鳥年だからか、鳥様のお人形がありました。教養がないので分かりませんが、何かの由来のあるキャラクターなんでしょうかねー。

両脇には人工の滝みたいなのがあってそこで鯉が泳いでいたりと涼しげでした。

 

f:id:rideonshooting:20170317104954j:plain

お寺の中に入ると、長いお線香を購入してお供えしている人が多く、モクモクと煙たかったです。行列が長かったので自分は買いませんでしたが。

→後で調べると、どうやら3本までは無料で貰えた模様。やはり行き当たりばったりは駄目ですね。ぎゃふん。

中央のお堂を回って裏手のところにはお賽銭箱があったので、そこには小銭を入れて拝んでおきました。 独特の雰囲気があって楽しかったです。

 

3.中正紀念堂に圧倒される

中正紀念堂といえば、台北に来たら必ず一度は訪れたい場所の一つですね。

MRTで最寄り駅へ行く方法もあるのですが、龍山寺からは歩けないこともない距離なので徒歩でブラブラと歩いて行きました。東の方へ歩くと南側の出入り口に到着です。

 

 

f:id:rideonshooting:20170317114049j:plain

f:id:rideonshooting:20170317114117j:plain

まずは外観の写真ですが、外から見るだけでも広大さを感じますが、中に入れば大迫力のスケール感を味わえます。

ということで、中に入って広場に行くと・・・

f:id:rideonshooting:20170317114711j:plain

広ーい!説明不要ッ!という感じですね。あの上まで行って登るのは疲れました。。。

 この他にも何か所か建物がありましたが、そちらへ行っている人はいませんでした。

 

f:id:rideonshooting:20170317115905j:plain

なんとか階段を登りきって、建物の中に入ると、なんと中には蒋介石銅像が!

後ろの壁には「民主」「倫理」「科学」という単語とともに、蒋介石の残したという言葉が書かれていました。読めませんが。

f:id:rideonshooting:20170317115452j:plain

ちなみに上を向くと、天井もすごーい!という感じですね。

 

f:id:rideonshooting:20170317120600j:plain

また、運よく12時だったので両脇に建っていた兵隊達とは別に兵隊がやってきて交代式のデモンストレーションを見ることが出来ました。交代式以外はずっと動かない兵隊さんは大変ですね・・・

 

f:id:rideonshooting:20170317115351j:plain

デモンストレーションも終わったので、下に降りる際に上からパシャリ。本当に広大ですね、人がゴミのようだー!

 

f:id:rideonshooting:20170317121511j:plain

そしてこの建物は1階にもサイドに入り口があり、中は蔣介石の歩みといった形で抗日運動等の歴史がつづられた記念館にもなっていました。他のパネルにもわざわざ日本語の訳付きで・・・。まぁ台湾側からみた歴史のひとつ、ということで。

ありし日の蒋介石の仕事部屋の再現だとかもあり、楽しめました。

f:id:rideonshooting:20170317123609j:plain

北側のほうから出ようと向かうと、出入り口の近くに梅の一種でしょうか?綺麗な花を咲かせた木々があり、撮影スポットとなっていました。

 

4.いざ九份へ。あいにくの雨模様

ここもまた台湾の名所になっていますね。九份といえばあの宮崎映画の「千と千尋の神隠し」のモデルになったという噂はデマ確定という事ですが、それはさておき見所のある場所なのは確かなようです。

その九份ですが、なんと台北からはMRTだけでは行けない遠い場所にあり、バスかタクシーに乗る必要があります。団体ならタクシーもありですが、安く済ませるならバス一択ですねー。

f:id:rideonshooting:20170317165100j:plain

これは瑠公圳公園のバス停で撮った写真ですが、この1062便のバスが九份直通行きなので、これ乗るために瑠公圳公園等のバス停まで行く必要があります。

自分もここに並びに来た時はすでに行列が出来ていて(日本人の若者グループが多かったです)その行列に「バスいっぱい乗れないヨ!タクシー安くするヨ!」とちょっと怪しいイントネーションでタクシーの客引きするおっちゃんがいました。

まぁバスが来た時はほぼがら空きだったので無事乗れましたが、乗れなくても15分~30分したら次の便が来るので大丈夫です。

 

f:id:rideonshooting:20170317165842j:plain

この1062と書いた九份行きのバスに乗り込みます。バスに乗り込む時に運転手に「キュウフン」と言って先払いする形で、GoogleMapで調べていると95~95台湾元とか出ていたので、とりあえず100台湾元を渡すと他に要求されることもなく、お釣りも出ませんでした。

うーん、アバウトですねー・・・ まぁ乗れるなら問題ないですがw

 

f:id:rideonshooting:20170317182728j:plain

そんな形で1時間以上揺られて九份駅に着きました。バスから降りてちょっと歩いて、セブンイレブンの右のこちらが入口です。

しかし困ったのは、着いたらまさかの雨模様!折り畳み傘を持っていたのでなんとか凌げましたが、観光客が多く移動が困難になりがちだったのでカッパのほうがよかったかもしれません。

f:id:rideonshooting:20170317183333j:plain

そんな悪天候でしたが、活気があってどこか怪しげな通りを歩いて色んな屋台や珍しい小物の店を見るだけでも楽しかったです。

 

f:id:rideonshooting:20170317191226j:plain

遠くの風景は霧がかかって見られませんでしたが、千と千尋の神隠しのモチーフと言われる(嘘)阿妹茶酒館も見られて満足です。

 

ちなみに台北へ帰る場合は通りの入口まで戻って、セブンイレブンのある右手の方向に登っていくとそちらにバス停があります。ここも行列がいっぱいでタクシーの呼び込みがありました。さすがに遅い時間だったのでタクシーに釣られる人達もいましたね。

自分もバスに乗れるか不安でしたが、ずっと待っているとバスが来て無事台北に帰れました。

なお行きと同じく乗る際に100元を渡す形ですが、降りる場合は降りたいバス停の前にブザーを押して止まってもらう必要がありました。九份行きは皆九份で降りるので安心できましたが、帰る際は要注意です。

 

5.二二八和平公園でブラブラ散歩

二二八和平公園は、台北駅から南へ5分ほど歩いたところにある自然豊かな公園です。台北二二八紀念館や国立台湾博物館といった有名所の他にも、貴重な施設があります。

f:id:rideonshooting:20170318131128j:plain

また広く自然が豊かで市民達も安らかに憩っています。

f:id:rideonshooting:20170318132027j:plain

自分もブラブラと散歩していると、観光客がちょっと集まっていた場所があったので寄ってみると、なんと可愛らしいタイワンリスが!スナック菓子で釣れるようで、餌付けされていましたw

余談ですが日本では現在規制でペットとして入手困難なイワリスやタイワンリス、北海道のエゾリス類はシマリスよりも大きくて人に慣れやすく、タイガー化も起こらないのでペットとしても飼いやすい生き物だったんですよねぇ・・・昔規制の前に飼っていた人達のブログを見るとなんと愛らしいことか・・・(脱線しまくり)