何者にもなれなくて足掻く日々

日常や食べ物、買い物したモノなんかのメモ書きです

ピザ&パスタのルイジアナママで前菜食べ放題。税抜1,180円~

ピザ&パスタが美味しいお店キャナリィ・ロウやルイジアナ・ママ(同じ系列店)では、ランチ時間に前菜バイキングをやっています。メイン料理はあくまで注文するピザ・パスタ等になりますので、純粋なバイキングに含めていいかは怪しいですが一応ご紹介。

Louisiana Mama ~ルイジアナ・ママ~

ランチ時間にパスタランチは税抜1,180円~ピザランチは税抜1,380円~でサラダバーやフォカッチャ、フリードリンクが楽しめます。

 

ということで、ルイジアナママにレッツゴー!

f:id:rideonshooting:20180202143403j:plain

ルイジアナママの外観はこんなオシャレな感じの建物です。平日でも席がほぼ満席になっている程度には混んでおり、客層は大半が女性のグループ客で食べ放題を目的に来ていそうな客はほぼいません。。。

が、私が前に一人で行った時も、OKかと聞いてみると店員さんも快くOKしてくださったのでおひとり様でもきっと大丈夫!問題ない。

 

しばらく待って店員さんに席に案内されると、下のようなメニューを手渡されます。(今回は店内でメニューを取り忘れたので店頭のモノをば)

この他に季節限定のメニューなんかもありました。

f:id:rideonshooting:20180202143337j:plain

この中から何かのメニューを頼んだら前菜バイキングも楽しめます。個人的なお勧めはクリームパスタ系でしょうか。

 

パスタ等を注文して届くまで時間があるので、サラダバーを吟味していきましょう。

f:id:rideonshooting:20180202135854j:plain

f:id:rideonshooting:20180202135231j:plain

生野菜やサラダだけでなく、パエリアっぽい物やフォカッチャ(パン)もあります。

f:id:rideonshooting:20180202135911j:plain

またいつもあるのかは分かりませんが、なんとエビまでありました。エビ好きには嬉しいですね。

フォカッチャはパスタの残ったソースを・・・その・・・ふふ(下品)

本日のスープは魚介のトマトスープでした。

f:id:rideonshooting:20180202135422j:plain

ドリンクバーにはコーヒーサーバに、ジュース類は単なるドリンクサーバではなくちゃんとした感じの野菜ジュースや果物ジュースで、薄くなく飲みごたえがあります。

 

そんな感じでお皿に盛り付け。

f:id:rideonshooting:20180202135458j:plain

サラダ類は味がついていて美味しくいただけますし、野菜だけではないので、それなりに食べごたえがあります。

 

前菜を食べているとメイン料理が運ばれてきます。自分は帆立貝柱とエビのクリームソースパスタを頼みました。

f:id:rideonshooting:20180202140149j:plain

海老がたっぷり入っておーいしー!クリームも濃厚で麺に絡み美味しくいただけました。

といった感じで、メイン料理を食べて足りなければまたサラダバーへ。

色んな野菜が美味しく食べられ楽しめました。

店の雰囲気も好きだし、店員さんの愛想もよく居心地のいい店なので、また来たくなりますね。

 

ちなみにここは14:30~16:30まではドルチェバイキングをしているということで、税抜1680円でこれらのスイーツが食べ放題に!?

f:id:rideonshooting:20180202135919j:plain

これはそそる・・・ケーキバイキングもいつか行ってみたいですね。

 

個人的満足度:★★★★☆

 

しゃぶ葉でしゃぶしゃぶ食べ放題ランチ!平日なら牛肉+三元豚の80分コースで税抜1599円etc

久しぶりの更新です。春の陽気で暖かくなってきたかと思ったらまた寒さがぶり返してきて大変ですね。。。

といった感じで、ちょっと前ですが寒い時期ならしゃぶしゃぶに限る!ということで

しゃぶ葉」のしゃぶしゃぶ食べ放題ランチに行ってきました。

f:id:rideonshooting:20170717125451j:plain

 

このしゃぶ葉ランチにはいろんなコースがあり、制限時間や値段もまちまちです。

f:id:rideonshooting:20170717125937j:plain

f:id:rideonshooting:20170717130112j:plain

例を挙げれば

・「三元豚バラ食べ放題ランチ」なら平日60分で税抜999円

・「お得な食べ放題ランチ(豚バラ+ロース+鶏肉)」なら平日60分で税抜1,199円

・「三元豚食べ放題コース(豚バラ+ロース+鶏肉)」平日80分で税抜1,399円

といった安いコースから、他にも国産牛食べ放題コースなら税抜2,999円などもありましたが、牛肉が食べたいかつ安く抑えたい、ということで

・「牛+三元豚食べ放題コース(牛肉+三元豚+鶏肉)」なら、平日80分で税抜1,599円と妥協できる価格だったのでこちらにしました。

ただ、自分らの行った際にはランチ真っ最中で混んでたせいか店員の愛想も悪く、コースの説明もまともにしなかったため60分と80分やらコースの違いが分かりにくかったりと不親切な対応にちょっとげんなりしました。。。たまたまかもしれませんが。

 

そんな感じでよくメニューを吟味して店員にコースを頼み、そこからバイキング開始です。お肉のみ注文式ですが、野菜やご飯、デザート等はバイキングコーナーから自由に取る形式でした。(ドリンクバーは別料金なので今回は頼みませんでした)

f:id:rideonshooting:20170717130904j:plain

f:id:rideonshooting:20170717130918j:plain

野菜は20種類くらいありました。ドレッシングも用意されていて生のままでも食べられる!?(種類によってはヤバそう)

f:id:rideonshooting:20170717130925j:plain

うどん、ラーメンの麺に白ご飯、わかめご飯やカレーも。

カレーには肉やちょっと野菜も入っていて、安いレストランのルーのみのカレーよりは美味しかったですw

f:id:rideonshooting:20170717130910j:plain

デザートコーナーではソフトクリームやかき氷にゼリーなどもありました。

 

そんな感じでバイキングコーナーを見て待っていると、店員さんが肉を持ってきます。

f:id:rideonshooting:20170717130453j:plain

 豚ロース、バラ、牛肉。豚肉は脂身が多いですが、牛はまあまあ綺麗かなーと。

f:id:rideonshooting:20170717131531j:plain

まぁ安い肉なりの味ですが、それなりには美味しくて満足できます。

 

また薬味&たれコーナーもあり、様々な味のタレを作れるので飽きがきません。

f:id:rideonshooting:20170717131002j:plain

最初は胡麻だれ等のコッテリ系、お腹いっぱいになってきたら梅じそやぽん酢でさっぱり味に。

 

そうやって食べていき、お肉をお替りしていきましたが、3、4回目以降になるとこんなペラペラのお肉を時間をかけて持ってきます・・・うーん。

f:id:rideonshooting:20170717135207j:plain

「お替りの肉は薄すぎる、あれでは味などするものか!」と何故か華と修羅ごっこが脳内に。

 

最後はデザートとして、バニラのソフトクリームにストロベリーソース等をまぶしたり小豆に白玉でぜんざい風?にしたりして楽しみました。

f:id:rideonshooting:20170717141301j:plain

デザートの種類は少ないですが悪くはないですね。

 

そんな感じのしゃぶ葉体験でした。

お肉に茹で野菜がたっぷり食べられるのはいいですけど、店員の態度とお替りのお肉でちょっと幻滅しちゃいましたね・・・

 

個人的満足度:★★★☆☆ 

 

この店にはないですがジンギスカンとかも食べてみたいですね・・・

 

珪藻土バスマットを使ってみました

最近まれによく話題に聞く、珪藻土バスマットを入手する機会があったので使ってみました。

f:id:rideonshooting:20171019221102j:plain

珪藻土バスマットはその名の通り珪藻土で作られた、お風呂のバスマットとして使用する板です。

吸水性・速乾性に優れているため普通の布等のバスマットより便利とのことなので、実際どうなのか試してみました。

 

f:id:rideonshooting:20171122021419j:plain

Lサイズで標準的?くらいなお風呂マットサイズです。

 

以下使ってみた感想 

〇表面の触り心地はサラサラして気持ちいいです。

〇足を乗せた水(お湯)がスッと乾いていき、 1~2分程でほぼ濡れた状態がなくなります。

×表面がひんやりしていて、冬場だと暖かいお風呂上りでもすぐ冷たくなってしまい乗っているのがつらくなります。

×裏面は固い感じなので、床にそのまま置くと床に傷がつきそうで不安になりました。

 

 

という感じで、確かに乾くのは早くていいのですが冬場だと冷たさが感じられてしまうのでちょっと使いづらさを感じました。夏場だと良さげかのかもしれませんね・・・ 

 

洋食屋108 IchiMaruHachiでローストビーフ丼を食べてみました

先日、108 IchiMaruHachiという洋食屋のお店でローストビーフ丼を食べてみました。

小さめのお店で、地域の洋食屋っぽい感じでお店の中も見えにくいしちょっと入りづらい感じだったのですが、珍しいローストビーフ丼という響きにひかれてついつい・・・

f:id:rideonshooting:20170729123657j:plain

中も実際大きくはなくテーブルが4~5個程度の広さで、シェフ(?)はわりと若めの兄ちゃんでした。

 

■ローストビーフ丼のMサイズに挑戦

洋食のセットメニューも美味しそうでしたが、まずはローストビーフ丼を食さねば!とメニューを確かみてみたところサイズがMとLの2種類あるとのこと。さらにソースも2種類あり。なのでまずはMサイズの定番ソースに突撃してみますた。

 

そうしてしばらく待つと出てきたのがこちら。

f:id:rideonshooting:20170729124807j:plain

フジヤマ・・・?

f:id:rideonshooting:20170729124814j:plain

うーん、丼ぶりのサイズも盛り方も、期待したほどには大きくはなくてちょっと期待外れでした。まぁ値段も900円程度ですしねー。

とはいえ、ローストビーフは実際結構入っており、ローストビーフで包まれた中には米がぎっしりと詰め込まれているのでMサイズでも満足感はあります。

ローストビーフ自体もしっかりとピンク部分を残していて噛み応えがあり、なかなか美味でした。

頂上の玉子の黄味部分を崩すタイミングがなかなか難しいものですねw

 

■ローストビーフ丼Lサイズに挑戦

ということで、前回はMサイズに行ってみましたがLサイズではどんなものかと気になったので、せっかくだから食べてきました。

ついでにソースは前回と違いガーリックソースに。

f:id:rideonshooting:20170929114738j:plain

おお、これは見事なフジヤマ!ゲイシャ!タカ!ナスビ!(錯乱)

f:id:rideonshooting:20170929114810j:plain

すごく・・・大きいです・・・

ドンブリのサイズは変わりませんが、このこんもりとした盛り方はなかなかイケてますね。

味もさることながらボリュームも大満足で、お腹がいっぱいになっちゃいました。

ローストビーフは店で買うにもお高いですが、美味しいですものねー。

いずれ家で作ってみるのもいいかもしれません。

 

スマフォにカバーケースを付けてみました

こんなブラゴに来られる皆さんも、大半はスマートフォン(略してスマフォ)を愛用していることと思います。

スマフォは便利でいいですね。しかしガラケーの頃と違ってガラス液晶部分がむき出しになっており落とした時の壊れやすさは10倍、また5インチ6インチ等と巨大化していっており、手でぎっしり握れずに落としやすさが10倍で壊れやすさは昔の100倍にもなっていることでしょう(???)

もし電車とかで液晶部分の割れたアイフォーンとかを見かけると悲しくなってしまうことですね? なので、液晶を落としても割れにくいようにガラスフィルムを付けたり、スマフォケースを付けて自衛しましょう、というのがこのエントリの趣旨です。

 

ただ自分は液晶フィルムにはブルーライトカットのモノを使うのが好きなので、カバー(ケース)を付けたいと思い今回はケースを買ってみました。

 


 

 今回購入したのはZenFone3用ですが、メジャーなスマフォならまず該当ケースがあることでしょう。

 

ということで届いたケースとZenFone3本体です。

f:id:rideonshooting:20170826232012j:plain

 

スマフォ装着前と装着後の図です。過不足なくぴったりと収まっています。

f:id:rideonshooting:20170826232117j:plain

f:id:rideonshooting:20170826232303j:plain

 

装着した後の裏面図です。

f:id:rideonshooting:20170826232539j:plain

裁縫もしっかりしており、質感も悪くはない感じです。

ただ購入サイトの画像ではもうちょっと明るいイメージだったのでライムグリーンを選んだのですが、現物はちょっとくすんだ色合いなのは残念です。。。いやそこまで悪くはないんですけどねー・・・うーん。

カメラは、カバーの影が出来る云々というレビューもあったので心配していましたが、カメラが暗くなっているようには見えなかったので自分が購入したのは大丈夫だったのでしょう。

指紋認証は残念ながら登録やり直しになります。前は指のお腹を登録する感じだったので最初は登録もやりにくかったですが、指先を登録する感じでコツを掴めば登録をうまくでき、カバーを付けた状態でも指紋認証でロック解除できます。

 

ということで、ケースを付けておけば落とした時に多少は(本当に多少ですが)クッションにもなり、また液晶が直接地面に叩きつけられないため割れる心配が減りました。

よかったよかった。

 

ケートラで購入後にレビューでSIM変換アダプターが貰える!

上記のサイトから購入後に、ケートラさんから「購入した商品のレビューを投稿すればSIM変換アダプターが貰えるよ!」という嬉しいお知らせが来ていたので、テキトーにレビューしてみました。

すると後日、本当にSIM変換アダプターのセットが!

f:id:rideonshooting:20171107175931j:plain

カバー自体もお安いのに、おまけでこんなプレゼントまで貰えて嬉しいことですね。

 

 

京都・烟河の里山ダイニング大地で1980円の和食ランチバイキング

ランチブッフェの店を探して、今度は京都・烟河に行ってきました。

京都・烟河といえば温泉でも有名な所ですね。

ここは少し辺鄙な山あいの場所にあるので、バスや車で行くことになります。

里山の休日 京都・烟河 【公式サイト 】 お宿ねっと

営業時間は11:30~15:00(最終入店14:00)最大90分制で、料金は平日も休祝日も

大人        1,980円(税込)
小学生       1,280円(税込)
未就学児(4才以上) 980円(税込)
65才以上      1,800円(税込)

という価格帯です。2000円以内で約60品ということで、これは期待が出来ますね。

 

f:id:rideonshooting:20170714155704j:plain

ということで烟河にやってきました。ここはレストランだけでなく温泉や宿泊施設もあり、奥には大きい建物が続いています。 

f:id:rideonshooting:20170714132100j:plain

入口から入ってまっすぐ行くと階段の手前に里山ダイニング大地の店があります。ここで店に入る前に券売機で購入して買うのですが、温泉セットなんてのもあり一緒に温泉に入る場合はお得です。満腹になった後、ゆっくり温泉というのも乙なものですねー♪

f:id:rideonshooting:20170714132218j:plain

入った直後の景観はこういう感じで・・・この右側にも席はあったのですが、お客は全部で3組程度しか入っていませんでした。わりとガラガラですね・・・まぁこの時行ったのは平日だったので休日だともっと混んでるかもしれません(;´∀`)

 

それはともかく、席に案内されたら食べ放題開始です。

f:id:rideonshooting:20170714132701j:plain

まずはサラダバー。生野菜の種類は少ないですが新鮮な感じです。黒酢玉ネギ・柚子味噌・バジル・ニンジン・ゴマドレッシングといったドレッシングや薬味をかけて美味しくいただけます。

f:id:rideonshooting:20170714132429j:plain

その右には無難な揚げ物コーナー。天ぷらは冷めていたのでイマイチでしたが、定番な鶏の唐揚げだけでなくフィッシュフライや海老カツなど種類が多いのはいいですね。

f:id:rideonshooting:20170714132405j:plain

ドリンクコーナーはこの4種類とアイスはコーヒー、ウーロン茶にホットはコーヒー、ほうじ茶、紅茶でした。種類は少ないながらも安っぽいドリンクサーバーでなくどれもしっかりした味で悪くはないです。特にデトックスウォーターは色んな野菜や果物の味が染み出して、甘くはなく珍妙な味わいなのですが、どことなくクセになる味で健康にもよさそうなのでリピートしてしまいましたw

 

f:id:rideonshooting:20170714133958j:plain

f:id:rideonshooting:20170714132653j:plain

メインともいえる野菜の惣菜コーナーがこちらになります。どれもなかなか手が込んでいて、野菜だけでも美味しくたっぷり食べられます。特に茄子のおひたしは最強すぎますね、これは「秋茄子は嫁に食わすな」とか言われるのも分からないでもないですね・・・今は夏でよかったです。秋だったらどうなっていたことか(?)

この左には点心としてシュウマイと小籠包がありました。

 

f:id:rideonshooting:20170714134659j:plain

その左にはそうめんコーナー。ウナギや海老といった具を自由に入れ放題というのも凄すぎません?おかげで好きな具をたっぷり食べられてかなり満足度が高いです。

f:id:rideonshooting:20170714134003j:plain

ちらし寿司はまぁまぁの味です。

f:id:rideonshooting:20170714132532j:plain

本当のメイン料理はこちらです。グリルチキンとパスタはまぁまぁな感じですが、一番左のポークステーキは豚のくせに柔らかくて美味しく何度もリピートしちゃいました。

他には野菜たっぷりのさとやま汁(煮詰まってすぎて塩辛かったです・・・)や、同じく野菜がゴロゴロ入って家庭の味のような美味しいカレーなどがありました。

 

f:id:rideonshooting:20170714132503j:plain

f:id:rideonshooting:20170714132509j:plain

後はデザート類もなかなか豊富ですね、安っぽいゼリー類だけでなく柚子シャーベットやライチ等の果物もあって最後まで満足です。

 

食べ物はこんな感じで、あとは盛り付けた写真になります。

f:id:rideonshooting:20170714133408j:plain

f:id:rideonshooting:20170714133204j:plain

f:id:rideonshooting:20170714134159j:plain

f:id:rideonshooting:20170714141202j:plain

 

種類が豊富で、美味しく調理された野菜がたっぷり食べられて大満足でした。

オシャレとも言い難く、若者向けではないですが健康的なアトモスフィアを感じます。

たっぷり食べた後にそのまま温泉というコース、いかがでしょうか? 

 

個人的満足度:★★★★★ 

 


 

 

 

道頓堀のクンテープで平日1350円・休日1490円(税込)のタイ式ランチバイキング!

焼肉やイタリアン・ピザに中華とランチバイキングへ行きましたが、次は変わった料理が食べたいなーと思って探していたら、ありましたよタイ料理が!

大阪・道頓堀のタイ料理レストラン「クンテープ」

このタイ料理で有名なクンテープさんは、平日でも祝日でも80分間のランチバイキングをやっています。

AM 11:30 ~ PM3:00(オーダーストップPM2:30)

平日料金  1,200円1,350円(税込) 2017/7/1~値上げしました
土日祝料金 1,200円→1,490円(税込) 2017/7/1~値上げしました

7月から値上げしたそうですが、それでも税込1500円以下というお得な料金。これは楽しみですねー。

それにしても心斎橋~道頓堀あたりには色んな食べ放題がありますねー、スゴイ!

 

ということで行ってきましたクンテープ。地下鉄の難波駅から徒歩3~4分のところにあります。

f:id:rideonshooting:20170625111052j:plain

クンテープが入っているビルの表に案内の看板があり(6月の撮影当時は1200円でした)、 ビルに入ると地下への誘いがあります。

f:id:rideonshooting:20170625111131j:plain

エレベータ前の階段を降りると地下1階にクンテープの入口扉があります。11:30に開店するのですが、その20分くらい前からお客が並び始めて開店時には階段に15人以上の行列が出来ていました。人気店ですねー( *´艸`)

自分も早めに並んでいたおかげで第一陣に入れましたが、なるべく予約するなり早めに並んでおくのがいいでしょう。

順番に客が入っていってテーブル席が埋まると、1人の場合は「カウンターでいいか、それとも待つか」と聞かれますが、自分の時はお腹が空いていて早く食べたかったのでカウンターへ行きました。

f:id:rideonshooting:20170625113324j:plain

カウンターへ案内されると、まずバイキングかを確認された後にドリンクセットにするかを確認されます。とりあえず初めてなので+150円のセットにしてグァバジュースを頼んじゃいました。グァバい!

 

 注文した後はセルフで料理を取って食べていきます。タイ料理を取り合う戦争のはじまりタイ!(次藤君のモノマネ)

f:id:rideonshooting:20170625113432j:plain

右から①トムヤムチャーハン、②鶏肉の甘酢ソースかけ、③イカのカレー炒め、④豚肉のにんにく炒め。正直この辺は美味しいことは美味しいですが、タイらしさはちょっと??感はあります。でも味付けがタイっぽかったのでOKです!

f:id:rideonshooting:20170625114549j:plain

お次はチキンスープで炊いた⑤カオマンガイのライス、⑥チキン、ソース。うーんこれはタイっぽいですねえ、100万点!美味しい味付けでハマります!

ただ、タイご飯フェアというノボリにカオマンガイが書かれていたのでカオマンガイはひょっとしたら常駐メニューではない?のかもしれません。

f:id:rideonshooting:20170625113528j:plain

⑦ガパオライスの目玉焼き、⑧豚肉のホーリーバジル炒め。これはまぁ普通な感じです。

f:id:rideonshooting:20170625113730j:plain

タイの最高級米(らしい)⑨ジャスミン米、⑩トムヤンクンと⑪グリーンカレーです。グリーンカレーはマイルドな味わいながらも後からほどよい辛さがきて美味しかったです。

トムヤンクンのほうは、エビや他の具がたっぷり入っていて美味しいのですが・・・かなり辛い!赤いだけありますね・・・美味しいことは美味しいのですが、辛いのが苦手な私にはちょっと食べるのがつらかったです(´;ω;`)

この奥には⑫タイ式うどんともやしがあり、セルフで茹でてトムヤンクンをヌードルで食べることも出来るようでした。

f:id:rideonshooting:20170625114726j:plain

サラダ類では⑬シーフードのミックスサラダ、⑭春雨サラダがありました。シーフードのほうはソースがピリ辛な感じですねー。

f:id:rideonshooting:20170625120306j:plain

⑮鶏皮のから揚げとデザートの⑯タピオカのココナッツミルクかけ、⑰ココナッツゼリー、⑱トウモロコシのココナッツミルクかけ

タピオカとココナッツゼリーは普通に美味しかったのですが、トウモロコシのほうは具がトウモロコシと玉ねぎという塩辛い味付けが合いそうな具材なのに甘い味付けで不思議な味わいでした。うーん不味くはないんですよ、うーん。ココナッツミルクの不思議。

f:id:rideonshooting:20170625114018j:plain

最後に忘れてはいけないのがこのドリンク、レモングラスティー。安易に飲んでみたのですが、甘さがあるのにドクダミを煮詰めたような苦臭さがすべてをぶち壊している驚きの不味さに思わず吐き気がしました(失礼)。 少しづつなんとか残さず飲めましたが、これは好きな人は好きなんでしょうけど、ちょっと癖がありすぎる味ですね・・・びっくりしました。苦手な人は素直に水を飲んだ方がいいかもしれません。

 

最後は自分が食べた皿です。お目汚し失礼・・・

f:id:rideonshooting:20170625114105j:plain

f:id:rideonshooting:20170625114950j:plain

f:id:rideonshooting:20170625121113j:plain

野菜メニューは少な目。盛り付けのレイアウトは要検討ですねぇ。

 

 

ということで、クンテープのタイ料理は辛いのもあって途中つらかったですが美味しくて満足でした。

ただ本当にこれタイ料理なの?というメニューもあったりでそのへんはまぁ本物のタイ料理をいつかタイに旅行して食べに行ってみタイものですね。

 

個人的満足度:★★★★☆

 

 

10分で本格タイごはん

10分で本格タイごはん

 

10分の前に下ごしらえとかで総時間は絶対もっとかかるでしょ(疑いの眼差し)